ビジョン


黄金律で正しい利益を追求し、社会に貢献

ストレイトライドが最も大事にしているのは、「利益の追求」ではなく、「長期的な信頼」をいただくこと。そのために、お客様からいただく感謝の気持ちを科学し、誇れる仕事を再現し積み重ねていくことが生業です。

真の顧客主義はサスティナブル

高度経済成長の中で急激に発達した日本の資本主義社会は、効率重視・利潤追求・大量生産型の社会となっています。もちろん効率や経済性は重要ですが、過ぎると本質を見失い、不健全な姿になってしまいます。
お客様のニーズは多様化しているのに同じものを大量に作って安く提供する。目先の利益を追求するがあまり生産工程をないがしろにして、製品やサービスに欠陥がおきたり、環境破壊を招いてしまう。一方で、大量生産ができずとも、顧客の課題に沿ったオーダーメイド商品を丁寧に作った結果、高く売れ、環境にもやさしく、顧客から支持されるーそんな話をよく耳にするようになりました。顧客は企業姿勢まで含めて選べる時代になっています。パートナーを選ぶ時は、賢く見極めたいものです。
極端な話ですが、利益を追求しようとすれば、お客様を裏切らなくてはなりません。お客様のためにならないと心では分かっていても、売上優先の対応を取るならば、“価値ないもの”でも価値あるものにみせて売らなくてはならないのです。「目先の利益に囚われ、日々の売上だけを見る」――そんな”強欲”な資本主義的姿勢は顧客第一主義と言えません。顧客から得られる感謝の気持ちを何より大切にする、真の顧客第一主義企業こそが、この先、生き残れるのではないでしょうか。 “ストレイトライドは信用できる”と皆様に評価いただくこと。正しい利益を追求し、社会に貢献していくことがストレイトライドのビジョンです。

黄金律に生きることが、組織の繁栄を作り出す

何かを行う時、選択肢を選ぶ時、営利や損得で判断する「個」が集まると、組織は崩壊してしまいます。営業社員を煽って売上を伸ばす組織では、瞬間的に成長できただとしても、いつかしわ寄せがくるでしょう。現代社会において企業に求められるのは、「自分がしてほしいと思う行為を他者にせよ」という、シンプルな黄金律の考え。黄金律に従って行動すれば、円滑に仕事が進むのではないでしょうか。
顧客・企業・社員、そして仕事を依頼しているパートナーを含むステークホルダーの皆様方が新しい時代における良好な関係を築き、それぞれの「成功」が仕事を通して循環して、「心からのありがとう」で繋がる「あたりまえにあるべき社会」の実現を目指します。